セックスのときの上手なキスの仕方と、女性のキスへの価値観とは。

セックスのときの上手なキスの仕方と、女性のキスへの価値観とは。

女子にとってのキッスは、非常に神聖なものとなります。

女の子はキッスのやり方や上手か下手かで、その男性のSEXの善悪を決めるといっても言い過ぎではありません。

女の子はキッスという行為を凄く大切にする

男性にしたらキッスはSEXに取り掛かるスタートの合図代わりですが、女の子からすればSEXそのものの一部でもある。

また、舌や唇を介してその人の気質も垣間見ることができる。

すぐさま舌を入れてのディープキッスをしたがる男の人は余裕のない男で有りますし、キッスによってその男性が緊張しているかいないかも感じとられるので、それらによってキッスが下手か上手いかもうかがえますし、その人の性格や本性もいとも容易く読み取られてしまうだろう。

キッスという行為についての男女の価値観は、男と女ではものすごく違い、その部分にあなたの男性としての価値観を当てはめないで下さい。

風俗嬢でも、男性にからだのあらゆる所を触られ、名もわからない男のイチモツをしゃぶったりするのに、「キッスだけはダメ。好きな人としかキッスできない」という女の子も見受けられます。

男性はそのキッスに対してすごく軽視し、キッスの仕方や意味を学ぼうとしないから、女の子にキッスが上手な男性と比較されてやっぱり上手な人は違うと思われます。

上手なとろけさせるようなキッスをしてあげたらキッスだけでもイッてしまうく女の子だって居るくらいですから。

その上、キッスはただ唇と唇の触れ合いやスキンシップをはかるためのものだけではなく、女の子の快感神経回路を刺激し、性感を高める効果が伴う。

つまり、キッスのやり方によってはその後の前戯や挿入SEXでの女の子の感じ方に大きな差を生むことになり、上手なキッスをすればするほど、その後のSEXの女の子の満足度もアップします。

SEXでのやさしいキッスの仕方

何やかやとで女の子は男性の優しさを感じる優しく溶けだしそうなキッスが好きで、一気にディープキッスってのも考えモノかもしれません。

腕枕をしつつ相手の目を10秒は見つめ、ちょっとの焦らしを与えてからキッスをしてみてください。

最初は普通にキッスを10秒ほどして、一度唇を離し、それから恥ずかしいかもしれないけれど目を見つめながら「すごく綺麗だよ」なんて甘い言葉をかけましょう。

この後は、2、3度軽いフレンチキッスを行ないます。

フレンチ・キッスと普通のキッスを交互に交えながら幾度となくキッスをし、そして時に、耳元に息を吹きかけて体をゾクゾクさせましょう。

唇は基本的には乾いていますので、舌でさすってある程度湿らせておこう。

それから、たまには抱きしめている腕をほどいて後頭部の髪を優しく撫でてあげたいものである。

女の子にとってキッスは「ペニスの挿入よりも重要な部分」について頭に置いてきっちりと勉強していただければと思う。

キッスの手法で女の子に直接的な快感を与えることは稀なことなのですが、上手にキッスをすることによって、女の子の中の情熱が湧き上がります。

女の子をドキッとさせるキッスのやり方

ここで女の子においてはドキッとさせる効果のあるキッスの仕方を教えます。

とりあえずキッスをするときはお互いに目を閉じると思いますが、キッスをしようかなと肩を掴んだり背中を抱き唇を近づけるのだが、あえて顔を持って行くだけ近づけて、キッスをあえてしない。

こういう風にして女の子が「まだかなー?どうかしたのかな?」と、気にかかって薄目を開けた一瞬を狙ってキッスをします。

よもやその瞬間にキッスをされると思っていなかったため女の子もドキッとして、いつもと違うシュチュエーションでキッスをすることが出来るわけで、心拍数も上昇しているので、そのドキドキはしばらく続きます。

焦らしキッスのテクニック。
とても、女の子をドキッとさせる効果があるので機会が見つかればトライしてみてください。