なぜAV女優はあれだけ中出しされても妊娠しないのか?

なぜAV女優はあれだけ中出しされても妊娠しないのか?

どうしてあんなにもAV女優は中出しされているのに、AVの撮影で妊娠したという話を聞かないのか気になっているかもしれない。
すっかりAVでは「中出し」が当たり前になって、むしろ中出しじゃないと売れないというこのご時世である。

疑似精子で擬似中出し

モザイクありの作品の撮影現場での中出しはこの疑似精子というもので、あたかも本当に中出しされているように演出されているそうで、とくに有名なメーカーほどそういう感じで、真性中だしを謳っているにも関わらず、ときどき男優さんがきちんとコンドームを付けているのがモザイク越しでもハッキリ分かる作品てありますよね(笑)

男優さんがコンドームを付けているかそうでないかにかかわらず、疑似精子は男優さんの射精の時間が近づいたら、体位を変えるふりをして一旦カメラを止め、その間に女優さんのおまんこの中にスポイトで擬似精子を注入し、そのまま撮影続行という感じだそうで、最近ではそういうのも世間に知られつつあるそうなので、疑似だとバレないようにあえてカメラを止めず、カメラに映らないように注意をはらいながらスキを見てスタッフが女優のおまんこの中にスッとスポイトを挿れるというのもあるのだとか。

なんだかんだでモザイクは邪魔で仕方のないものかもしれませんが、そのような意味ではメーカー的には逆にモザイクがありがたいというのはあるかもしれない。

疑似精子の作り方

疑似精子の作り方もネットの影響で結構一般的に知られるようになりました。
ちなみに、精子そっくりなザーメンローションもあるけれど、手作りの疑似精子はあれよりは遥かにリアルな感じに仕上がります。

では疑似精子のレシピはこんな感じ。

  1. 卵白
  2. コンデンスミルク
  3. ウーロン茶
  4. 少量のローション

まずは卵白とコンデンスミルクを混ぜ合わせ、泡が立つまでかき混ぜ、それのみでは白すぎてリアリティに欠けるので、ウーロン茶などの茶色のお茶を少量入れて色味を出すという感じである。

無修正AVでは本当に中出しをしている

モザイク作品では疑似精子を使うということを説明したが、モザイクのない無修正作品では疑似精子を使うことは出来ず、男優さんが射精した本物の精液を女優さんが子宮できっちりと受け止めなければならない。

更にときどきですが、きっちりと本物精子を本当に中出ししている照明として、一度膣外にちょっとだけ精子を出して、その直後におまんこの中で中出しするという、半生中出しというのもあるが、それでは男優さんの赤ちゃんを妊娠してしまう危険性が高そうですね。

とくに、東京熱などでは汁男優さんが20人以上で1人の女優さんにんに連続中だししている作品がほとんどで、しかも、結合部をきちんとドアップで映しているし、汁男優の男性器がドクドクと脈打ちながら女優の子宮に精子を植え付けている感じも生々しいですね。

あれでは、汁男優の誰かの父親がわからない赤ちゃんを妊娠してしまいそうです(汗)

妊娠検査薬で陽性が出た連続中出し作品がコレ

面白いのは、作品のラストで妊娠検査薬を使って女優さんが汁男優の子供を妊娠しているかどうかをチェックする作品があるのだが、それできちんと陽性反応が出て、AVの撮影で妊娠してしまったことを知ったときの絶望的な表情が凄い作品まである。

話がそれましたが、とりあえず本物中出し作品を撮影する時は、きっちりと中出しOKの女優さんを起用し、きちんと本物中出しの許可を取った後に、撮影予定日に合わせてピルを服用するから、どれだけ大勢の男に中出しをされても妊娠する可能性が低いということだそうである。

とは言っても、ピルと言えど、100%安全受精しない保証はありませんので、万が一妊娠するかもしれないけどという覚悟を持った女優さんがチェレンジするそうです。

ちなみに、万が一撮影で受精妊娠してもメーカーや事務所は責任を取らないという契約書を交わすこともあるそうです。

AVはあくまで作品。現実での無責任な中出しはご法度です

かのようにAVでの中出しは、女優さんが本当に赤ちゃんを妊娠してしまわないように、きちんとした避妊対策がとられているが、あれだけ中出ししてもAVでは妊娠しないんだし、1回位中出ししても大丈夫だろうという意識が、世の中に広まっていることも現状です。

AVはあくまで仕事としてきちんと作られたものである。

赤ちゃんができてしまった時点であなたと彼女だけの問題ではなくなりますから、中出しAVの影響をうけて、素人女の子に安易なおまんこの中射精は絶対にやめておこう。